演者・座長の皆様へ

演者の皆様へ

発表時間と発表形式

1. 発表時間
  発表 質疑
一般演題 6分 3分
Award Session 7分 3分
  • ※シンポジウムの進行に関しては、座長の先生に一任しております。
  • ※演者席には計時装置を設置します。一般演題及びAward Sessionは持ち時間(発表時間+ 質疑応答時間)の1分前に黄ランプ、終了時に赤ランプが点灯いたします。
  • ※発表時間を厳守して下さい。
2. 発表形式
  • 1) PCプレゼンテーション(1面)のみといたします。
    データ作成に関しては、「3. PC発表データ作成について」をご参照ください。
  • 2) 出力解像度はXGA(1024×768)です。ワイドサイズで作成された場合は、左右の幅に合わせて(上下は黒バック)映写されます。画面の設定をXGAに合わせてからレイアウトの確認をしてください。
  • 3) 当日発表に使用するパソコンはWindows7です。Microsoft PowerPoint 2003以上に対応いたします。
  • 4) 担当セッション開始の40分前までに、「PC受付」にお越しいただき、発表データの試写を行いデータをお預けください。PC持込みの場合もPC受付で外部出力および動作確認を行ってください。
  • 5) 演者は担当セッション開始時刻の10分前までに次演者席にご着席ください。
  • 6) 発表は、演台にモニター、マウス、キーボードを用意いたしますので、演者自身の操作で進めてください。
  • 7) データは、学会が用意するサーバーに一旦コピーいたしますが、学会終了後は責任を持って消去いたします。
3. PC発表データ作成について

口演のPC発表データは以下の要領で作成し、決められた発表時間内に終了するようにしてください。

【発表データの作成・受付】
  • OS:Windows7、ソフト:PowerPoint2003以上
  • 動画ファイルを内蔵しているデータの場合は、所定の動画フォルダに動画データが格納されていることをご確認ください。また、他のPCでの動画確認を必ず事前に行ってください。
  • 音声出力や動画出力がある場合は、必ず係員にお申し出ください。
  • フォントはWindows 版Microsoft PowerPointに標準装備されているものをご使用ください。
    (MS・MSP ゴシック、MS・MSP 明朝、Arial、Times New Roman、Century 等)
    特殊なフォントを使用されますと代替フォントが使用され、レイアウトが崩れることがあります。特殊なフォントをお使いになるときは画像化し、オブジェクトとして貼り付けてください。
  • メディアを介したウイルス感染の事例がありますので、最新のウイルスソフトを使用してウイルスチェックを行ってください。
  • 「発表者ツール」を使用したご発表はできませんのでご留意ください。
  • Macintosh 版PowerPointで作成したデータをメディアで持ち込まれる場合、互換性が損なわれる場合がありますので、事前にご確認ください。
  • 発表データは、CD-RまたはUSBでご持参ください。
    CD-Rにデータをコピーされる場合、ファイナライズ(セッションのクローズ)作業を必ず行ってください。ファイナライズを行わなかった場合、データを作成したPC以外で開くことができなくなります。
    • ※ USB、CD-Rは必ず最新のウイルスチェックを済ませたものをご持参ください。
【PCを持ち込まれる場合】
  • 動画を含まれる方や、Macintoshをご利用の方は、ご自身のPCをご持参ください。
  • 持ち込みが可能な機種は、Windows 2003以降が動作する機種またはMacintoshで、モニター出力端子にD-sub15ピンが装備されているものに限ります(薄型PCでは出力端子の規格が異なることがあります)。出力の規格が異なる場合は、接続用の端子を必ずご持参ください。
  • バッテリーでの発表はトラブルの原因となりますので、電源アダプターは必ずご持参ください。
  • PCのスリープ機能、スクリーンセーバーや省電力機能など発表の妨げとなる設定は予め解除してください。また、「発表者ツール」を使用したご発表はできませんのでご留意ください。
  • 万一に備え、別途バックアップデータをご持参ください。
  • データは最新のウイルスソフトを使用してウイルスチェックを行ってください。
  • PC受付で外部出力および動作確認を行った後、発表20分前までに次演者席付近に設置してあるオペレーター席へ各自PCをご持参ください。PC受付ではお預かりいたしません。また、ご発表は演台上のマウスでの操作になります。
  • お預かりしたPCは、講演終了後に会場内のオペレータよりご返却いたします。

座長の皆様へ

  • 担当セッション開始30分前までに会場右前方の次座長席にご着席ください。
  • シンポジウム、特別講演、教育講演、スペシャルレクチャーの進行に関しては座長の先生にご一任します。
  • 一般演題の座長の先生は、1演題9分(発表6分・質疑3分)で進行してください。
  • Award Sessionの座長の先生は、1演題10分(発表7分・質疑3分)で進行してください。
  • 座長席には計時装置を設置します。各発表持ち時間の1分前に黄ランプ、終了時に赤ランプが点灯いたします。
  • プログラム時間に沿った円滑な進行にご協力をお願いいたします。